TOP > 利用規約
利用規約
第1条(定義)
本規約における用語を以下のとおり定義します。
  1. 「本ウェブサイト」とは、認知症介護研究・研修仙台センター(以下当団体)のウェブサイト(URL:http://dcnet.marutto.biz/e-learning/)をいいます。
  2. 「本サービス」とは、当団体が企画・監修した認知症介護基礎研修eラーニングシステムによる学習講座(以下「本講座」といいます)の提供並びに修了証書の発行をいいます。
  3. 本ウェブサイトの管理業務は当団体が行います。
  4. 「コンテンツ等」とは、本ウェブサイト上の、あるいは本ウェブサイトを通じて提供されるソフトウェア、サービス、製品、リソース、情報、e-Learningをいいます。
  5. 「本ウェブサイト等」とは、本ウェブサイト及びコンテンツ等をいいます。
  6. 「利用者」とは、当団体が定める手続きに従い本サービスの利用登録を行い、本サービスを利用する資格をもつ個人をいいます。
第2条(規約の適用)
本規約は、本サービスの利用に関して、利用者及び当団体に適用されるものとします。
第3条(利用者への通知)
  1. 当団体は、本ウェブサイト上又は当団体が適当と判断する方法により利用者に対し随時本規約にかかわる必要な事項を通知します。
  2. 前項の通知は、当団体が当該通知を前項の規定で行った時点より効力を発するものとします。
  3. 当団体が利用者に対して行った通知はこの規約の一部を構成します。
第4条(規約の変更)
  1. 当団体は利用者の了承を得ることなく本規約を変更することがあります。この場合、本サービスの利用条件は変更後の規約になります。
  2. 変更後の規約は、前条の規定により利用者へ通知するものとし、利用者から別段の異議申し立てがない限り通知日をもって利用者が同通知の内容に同意したものとみなします。
第5条(規約の範囲)
  1. 当団体が別途個別サービス規定又は追加規定を行った場合、当該規定は本規約の一部を構成します。
  2. 本規約と個別サービス規定及び追加規定が異なる場合は、個別サービス及び追加規定が優先するものとします。
第6条(本サービスの運営)
  1. 本サービスは当団体と株式会社ワールドプランニングにより運営されています。
  2. 当団体は本サービスで提供する各コースの企画・監修及び講義の実施を行い、eラーニングシステムの開発・運用および会員管理等を行う事務局は株式会社ワールドプランニングが行います。
  3. 当事務局は株式会社ワールドプランニングに業務委託するものとし、本規約に定めるのと同等の義務を当該提携先に課したうえで、当該提携先に対し利用者の個人情報を開示できるものとします。
第7条(本サービスの利用の申込)
  1. 本サービスの利用希望者は、本規約の内容を承認したうえで、当団体が別途定める手続きに従って利用を申込むものとします。
  2. 前項により当団体が、利用希望者の申込を受理し、所定の手続きを経て、当該利用希望者に対しID等を付与した時点で、当該利用希望者と当団体との間に本規約に定める条件を内容とする本サービスの利用契約が成立するものとします。
  3. 前項に定める申込を承諾することに支障があると当団体が判断する場合、当団体は当該申込を承諾しない場合があります。その場合でも、当団体は本サービスの利用希望者に対して当該申込を承諾しないことについて一切責任を負わないものとし、また、当該申込を承諾しない理由を説明又は開示する義務を負わないものとします。
第8条(譲渡禁止等)
利用者は、利用者として有する権利を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。
第9条(設備等の準備)
利用者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての設備を自己の費用と責任において準備し、本サービスが利用可能な状態に置くものとします。また、自己の費用と責任でインターネットにより本サービスに接続するものとします。
第10条(本サービス利用の許諾)
  1. 当団体は、利用者に対するID及びパスワード等の発行をもって本サービスの利用を当該利用者に対し、別途定められた利用期間において許諾するものとし、当該利用者は本サービスを本規約に定める条件に従って指定された利用期間に限り利用することができるものとします。
  2. 当団体は、利用者に対するID及びパスワードの発行、利用期間の通知並びに本サービスの利用許諾をE-Mail又は当団体が適当と判断する方法により通知します。
第11条(本サービス利用の中止)
利用者は、当団体所定の届出方法により、いつでも本サービスの受講を中止することができるものとします。
第12条(本サービス利用の終了)
当団体は、利用者に対し通知した利用期間を経過した時点で、当該利用者に対するサービスを終了するものとします。この際、当該利用者向けに発行したID及びパスワードは抹消されます。
第13条(使用範囲)
  1. 利用者は、本サービスを構成する本ウェブサイト等の全ての情報を第三者に開示してはならないものとします。
  2. 利用者は、第三者に対し本サービスの再使用権の設定、領布、販売、譲渡、貸与を行っ  てはならないものとします。
  3. 利用者は、前各号に違反する行為を第三者にさせてはならないものとします。
第14条(ID等の抹消)
当団体は、利用者の行為が本利用規約に違反すると判断したときは、当該利用者のID及びパスワードを抹消し、当該利用者による本ウェブサイト等の使用を禁止し、差し止め、その他必要な措置を講じる権利を有します。このような措置は利用者へ通知することなく行われることがあります。
第15条(ID及びパスワードの管理義務)
  1. 利用者は自己のID及びパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
  2. 当団体は、利用者のID及びパスワードが第三者に使用されたことによって当該利用者が被る損害について、当該利用者の故意過失の有無にかかわらず一切の責任を負いません。
  3. 利用者は、自己の設定したパスワードを失念した場合、又はID及びパスワードが盗まれたり、第三者に使用されたりしていることを知った場合は直ちに当団体に申し出るものとし当団体の指示に従うものとします。
  4. 当該ID及びパスワードによりなされた本サービスの利用は、当該利用者によりなされたものとみなし、当該利用者は利用料その他の債務の一切を負担するものとします。
第16条(その他の禁止事項)
利用者は、本サービス上で以下の行為をしないものとします。
  1. ID及びパスワードを不正に使用する行為。
  2. 本サービスを通じて、又は本サービスに関連してコンピューターウィルス等の有害なプログラムの作成もしくは提供する行為。
  3. 本ウェブサイト等の全部又は一部の修正及びコンテンツを基にした派生的制作物を作成する行為。
  4. 当団体の商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為。
  5. 本サービスを通じて入手したコンテンツ等に関し、著作権法で認められた私的利用の範囲を超え複製、販売、出版等を行う行為。
  6. 第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
  7. 性的、差別的行為その他公序良俗に違反する行為、又は違反する恐れがある行為、本サービスの運営を妨害する行為、当団体の信用を毀損もしくは財産を侵害する行為、又は当団体に不利益をあたえる行為。
  8. 上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為。
  9. その他、当団体が不適当と認める行為。
第17条(損害賠償)
利用者が本サービスの利用によって第三者に対して損害を与えた場合、利用者は自己の責任と費用をもって解決し、当団体に損害を与えることのないものとします。利用者が本規約に違法する行為、又は不正もしくは違反な行為によって当団体に損害を与えた場合、当団体は当該利用者に対して相応の損害賠償の請求ができるものとします。
第18条(個人情報の取り扱い)
本サービスの個人情報の取り扱いについては別途定める「個人情報保護指針」に準じます。
第19条(修了証書の交付)
当団体は、受講を終えた利用者に対し、当団体が定める条件により修了証書を交付するものとします。
第20条(本サービスの停止等)
  1. 当団体は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。
    1. 本サービスに係るネットワークまたはシステム等の点検または保守作業を行う必要がある場合
    2. 本サービスに係るネットワークまたはシステム等、通信回線等の障害が発生した場合
    3. 暴風、豪雨、洪水、落雷、地震、火災その他の自然災害などの不可抗力により本サービスの提供が不能または著しく困難となった場合
    4. その他、当団体が本サービスの停止又は中断を必要と判断した場合
  2. 当団体は、本条に基づく措置により利用者に生じた損害については、一切の責任を負いません。
第21条(免責)
本サービスの提供の遅滞、本サービスの内容の変更、中止もしくは廃止、その他本サービスの提供又は提供できなかったことに伴い発生した利用者の損害については、当団体の責めに帰すべき事由より生じたもの以外は一切責任を負わないものとします。
第22条(権利の帰属)
  1. 本サービスを構成する全てのプログラム、ソフトウェア、商標、商号及びそれらに付随する技術全般は当団体又は当団体に対してこれらを使用して本サービスを提供することを許諾した原権利者に帰属するものとします。本規約中にて許諾されたもの及び当団体又は原権利者が別途許諾したものを除き、これらに関する権利は全て当団体又は原権利者に留保されるものとみなします。
  2. 利用者は、本サービスを通じて当団体から提供される情報を自己の私的利用の目的にのみ使用するものとし、複製、販売、配信、出版、ホームページ上の掲載その他私的利用の範囲を超えて使用しないものとします。
第23条(解除)
利用者が本規約に違反した場合、当団体は本サービスの利用契約を解除できるものとします。
第24条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。
第25条(協議解決の原則および管轄裁判所)
  1. 本サービスの利用に関連して、利用者と当団体との間において問題が生じた場合には、利用者と当団体で誠意をもって協議するものとします。
  2. 利用者と当団体の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とします。
附則
本規約は、平成27年10月1日より施行します。
令和3年12月20日 一部改訂

 

個人情報保護指針
  • 認知症介護研究・研修仙台センター(以下当団体)は、本システム(認知症介護基礎研修(モデル事業)eラーニング)利用者のプライバシー・個人情報及び設定内容などを保護することは、当団体が事業活動を行う上での責務と考えています。
  • 当団体Webページからのお申込、お問い合わせ、メール・電話によるお問い合わせを問わず、お客様から明示された特定の個人を識別できる情報(以下「個人情報」)について下記のとおり取り扱うものとします。
  • ここでいう個人情報とはお客様を識別できる情報のことで、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどをいいます。
  • 当団体は取得した個人情報について適切な管理に努めると共に個人情報の漏洩、改ざん、不正な侵入の防止に努めます。
  • 当団体は取得した個人情報を次の各項の場合を除いて、原則として第三者に提供、開示などいたしません。
    1. 法律上照会権限を有する者から書面による正式な協力要請、照会があった場合
    2. お客様の同意があった場合
  • 利用者がご自身の個人情報について照会、修正などを希望される場合には、本システムを通じて登録をされた方に限り、当団体が定める方法により本人であることが確認できた場合に限り対応させていただきます。
  • 当団体は、当団体が保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

 

個人情報の取り扱いに関する問い合わせ先
個人情報に関するご確認、ご要望およびお問い合わせなどにつきましては、以下の連絡先までお願いいたします。
認知症介護研究・研修仙台センター
〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ヶ丘6-149-1
TEL 022-303-7550 FAX 022-303-7570
E-mail:e-sendai@dcnet.gr.jp

TOPページに戻る